先生の解決の仕方

リピート率が高い

 

 

 

 

連絡帳を書いたのには、穏便に解決したい。

という、私の意向があった。
そして、事実をきちんと知りたかった。
加害者、被害者、双方に話を聞くこと。
今後同じことが起きないようにどうしていくのかということ。
事実確認と発展的な解決を望んでいた。
こういう風に進めてくれると思っていた。
クラスのみんなが見ている前で叱責することで、娘はクラスメイトから連絡帳を見せろと言われたりした。
そして、加賀者の親に伝えることも当たり前だと思っていた。
でも。
相手の親にも伝えていなかった。
私の考える普通と学校の先生の普通は違うのだろうか。
私が一般的ではないのだろうか。
私は会社員として働いているから、トラブルが起きたら、やっぱり原因と反省をしてそこから同じことが起きないようにルールを見直す。
それが学校のように、相手が人となると、それはもっと丁寧にするべきではないのか。
まして、人とはいえ子供なのに。
私はこの一連のことを書くかどうかとても迷った。
でも今日現在、7/19。
いまだに対応した学年主任と一度も話ができていない。
教頭になぜ学年主任と話ができないのか聴くと、やっぱり必要ですかと言われたのだ。
学校の先生の責任の取り方とは?
風化させることが目的なのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました